MENU

スポンサードリンク

薄毛の自覚症状はありますか?すぐにできる薄毛対策とは!?

悩み過ぎは禁物です。
女性も薄毛だからといって拒絶はしません!!

 

男性にとって深刻な悩みが、、、薄毛です。
しかし、女性は薄毛だからといって男性を嫌いになったりしません。

 

薄毛を気にしすぎるあまり他のことが気がまわらなくなっている男性に対して
「情けない」っと思っているんです。

 

今回は、、、

 

◯薄毛の自覚症状
◯すぐにできる薄毛対策

 

について紹介をします。

 

薄毛の悩みにとらわれ過ぎず、ちょっとした対策やヘアスタイルのイメージチェンジをした方が、、、
女性にも好印象を与えられるでしょう。

 

あなたは薄毛の自覚症状ありますか?

薄毛になる原因について個人差があり遺伝や環境などさまざまあります。
自覚症状を持って予防できるものもありますが、積極的にケアを行いましょう。

 

薄毛の自覚症状チェック表

過激なケアヘア
栄養不足
環境
遺伝
脱色・染色剤
禁煙
飲酒

 

思い当たることが多いほど気をつけましょう。

 

すぐにできる薄毛対策

自覚症状をあり「ヤバイ」っと心の奥で叫んだあなた!!
すぐにできる薄毛対策を紹介をしますのでチャレンジしてみてくださいね。

 

ブラッシングで血行と新陳代謝をよくする

毛の流れと逆の方向へとかす。
毛の流れに沿ってやさしくとかし、後頭部は下から上へとブラッシングします。

 

後頭部からワキに沿ってブラッシング

顔の後ろからワキを通りまんべんなくとかします。シャンプー前にすると効果的ですよ。

 

髪が元気になるツボを刺激する

脱毛予防のツボである百会(ひゃくえ)を刺激します。
百会(ひゃくえ)両耳を結ぶ腺と顔の中心線の交差点にあります。
指先で振動させるように刺激をしましょう。

 

首元にある天柱(てんちゅう)と風池(ふうち)
えり足のくぼみの横が天柱(てんちゅう)その約1センチ外側が風池(ふうち)
です。どちらも脱毛予防に効果があります。

 

ヘアスタイルで薄毛を隠す

気になるからといって、薄いところをかばうようなヘアスタイルはみっともないだけです。
自然なヘアスタイルで薄毛を隠してしまいましょう。

 

トップが薄い場合・・・トップの分量を基本にして全体をすっきりとまとめる。
分け目で薄い部分を隠すと、かえって悪目立ちしてしまします。

 

サイドが薄い場合・・・M字型に後退していく人は、全体的に短くカットし、前髪と自然につながるように、軽く立ち上げるとスマートにも見えます。

 

フロントが薄い場合・・・前髪から後退していく人は、ラフな感じに前髪やサイドを垂らしましょう。毛先は動きを持たせたほうが自然に見えますよ。

スポンサードリンク