MENU

スポンサードリンク

男性専用!!体型別のスーツの正しい着こなしで気をつけるポイントとは!?

体型による悩みは誰にでも持っているはずです。
誰が見ても同じだから、、、

 

なんてあきらめていませんか?

 

太り気味でダボッとして見える、、、
背が低くスーツを着ると制服みたい、、、
体が細くボディーラインが気になる、、、

 

同じように見えるスーツでもポイントさえ押さえておけば
体型による悩みをカバーして自分に合ったスタイルが楽しめるはずですよ。

 

今回は、、、

 

◯スマートに見せるスーツの着こなし
◯背を高く見せる、体格よく見せる着こなし

 

について紹介をします。

 

ただ着るだけじゃダメです。もっと素敵にスーツを楽しみましょう!!

 

スマートに見せるスーツの着こなし

体のボリューム感を抑えることがスマートに見えせるコツです。
衣服にシワがあるときゅうくつに見えるので、シワのつきにくい素材を選ぶとGOOD!!

 

首周りは余裕をもたせましょう。

シャツは首周りにやや余裕があるもの選ぶとスッキリした印象になります。

 

ネクタイは寒色系をチョイスしましょう。

青などの寒色系を選ぶと引き締まって見えます。柄は小さいものがオススメです。

 

柄はダークカラーのストラップを選びましょう。

ダークカラーは引き締め効果が強いです。ストライブ柄でシャープをプラスしましょう。

 

絶対にしてはいけないNGな着こなし

パンツのすそがもたつくとシルエットが台無しになります。
ジャストな丈を心がけましょう。

 

背を高く見せる、体格よく見せる着こなし

背を高く見せる着こなし

体を大きく見せるより体型にフィットした
ナチュラルな輪郭を意識したポイント使いで小技を使い完成させましょう。

 

Vゾーン

タイのノットをコンパクトに作るなどして、縦長のラインを意識しましょう。

 

肩のライン

パットで肩を強調をするバランスは悪くなります。ソフトなジョルダーラインを心がけましょう。

 

そで丈は長めに

手首よりやや長い程度がベストです。パンツの裾もやや長めにするとGOODです。

 

シルエット

スーツは細身のシルエットを心がけましょう。
全身をスッキリ見せるのがポイントです。

 

ダメなNGな着こなし

ネクタイの大剣がベルトより長すぎても全体のバランスを壊し、小柄に見えてしまいます。
バックルに軽く掛かる程度がちょうどいいです。

 

剣先がベルトより長いのはダメなNGな着こなしなので注意しましょましょう。

 

体格よく見せる

スーツを貧弱に見せてします華奢な体型も、ディテールに注意すればボリューム感を演出出来ます。

 

グラディーション

ジャケット、シャツ、ネクタイを同系食でまとめてボリューム感を演出が出来ます。

 

シャツの首周り

首周りに余裕があると華奢さを強調する結果かになります。
ぴったりするものを選びましょう。

 

スーツサイズ

細身を隠そうとすると大きめのサイズを選ぶのはダメです。ジャストサイズでスッキリと着こなしましょう。

 

すそのダブル幅

パンツの裾をダブルにするなら、幅は少し狭めにしましょう。4センチくらいがベストですよ。

 

ダメなNGな着こなし

コントラストのきつい、くっきりとした色のVゾーンはキツイ印象に見えます。
同系色でやさいくまとめましょう。くっきりとした色は使いダメなNGな着こなしです。

 

スポンサードリンク