MENU

スポンサードリンク

好感を持たれるスーツの基本スタイルを紹介

きちんとした印象を与えれば、職場でも評価はぐんとあがります。
また、第一印象は身だしなみや服で決まります。

 

きちんとした身だしなみな服装をしていれば仕事も出来ると判断されやすいです。
新人からベテランまで気を許せないのが身だしなみです。

 

今回は、、、

 

好感を持たれるスーツの基本スタイル

 

について紹介をします。

 

仕事でスーツをよく着る方は参考にしてみてくださいね

 

好感を持たれるスーツの基本スタイル

シャツは白か無地を選ぶ

基本な白か、もしくは水色などの薄い色が入った無地のシャツを選ぶ

 

スーツは無地ダークカラー

ネイビーやグレーが一般的です。
細いストラップ柄もメジャーですが最初の一枚は無地を選ぶのが無難です。

 

アイテムは色に合わせる

スーツと同じ色をネクタイの柄のどこかに入れておくと失敗をしないです。

 

裾丈はワンブレイク

靴に少しついているたるみができるワンブレイクの状態が一番ベーシックです。

 

靴下はスーツより色が濃いものを選ぶ

裾からちらちら覗く靴下はあまり目立ちたくはない部分です。
薄い色は基本的にNGです。

出勤前のチェックポイント
  • ポケットがもので膨らんでいないか?
  • シャツの第一ボタンは留めているか?
  • アンダーシャツは透けていないか?
  • スーツにシワがついていないか?
  • 靴に汚れはついていないか?

 

 

 

スポンサードリンク