MENU

スポンサードリンク

健康的な朝、昼、夜の食事ポイントとメニュー選びを紹介

1日に3食が基本なのがわかっているけど、、、
「忙しくてなかなか食べれていない」な〜んて方もいると思います。

 

まずは日常の食生活を見なおしてみましょう。

 

健康的な朝の3つの習慣。

寝起きがいいとその日が気持よく過ごせます。
健康的な朝の過ごし方には2つのポイントを紹介します。

 

もし、朝の生活を見直したいなって方は参考にしてみてくださいね。

◯朝食は必ず食べましょう。
◯ご飯などの炭水化物が糖分になりパワーの源になります。

 

炭水化物で脳をフル回転!!

 

朝食のメニューを見直しましょう。

コーヒー+トーストにはヨーグルトをトッピングしましょう。

よくあるコーヒーとトーストの組み合わせです。

 

炭水化物はとれますが、栄養バランスがいまいちです。
そんなときは、タンパク質が摂取できるヨーグルトを加えると栄養バランスがよくなります。

 

フルーツ入りならビタミンも摂れてgood!!

 

blue

ミルクを注いですぐに食べられるシリアルですが。栄養バランスはそこそこいいです。
ですが、野菜が不足しているのが気になります。サラダをトッピングすれば最高です。
朝は忙しくて準備できない方は野菜ジュースを飲めばいいですよ。

 

昼食をとるときに食事バランス

外食なら”主食3 主菜3 副菜2”のボリュームを心がけましょう

◯主食は食事の中心です。ご飯・パン・麺類などの炭水化物を指します。
◯主菜は肉・魚などのたんぱく質のおかずです。低脂肪の鶏ささみがオススメです。
◯副菜は野菜・芋・キノコなど付け合せのことです。

 

なるべく薄味を意識しましょう。

 

昼食のメニューを見直しましょう。

ラーメン+餃子のコンビは肥満のもとです。

ラーメンと餃子の組み合わせは絶対に避けたい高エネルギーの塊です。
しかも、塩分も高くスープは脂肪分が多いです。

 

もしラーメンを食べるならサイズを小さくしたり野菜をトッピングしましょう。

 

パスタを食べるときはソースに注意!?

パスタは炭水化物で腹持ちがいいです。

 

しかしこってりとしたカルボナーラなどのクリームソースは高エネルギーです。
意外にもソースにカロリーが多いです。

 

パスタを食べるなら低エネルギーの和風パスタを選びましょう。

 

夕食の食事のポイント

筋肉を作る良質なタンパク質を摂取しましょう。

◯筋肉は寝ている間に作られるため、夕食で肉・魚・大豆類のタンパク質を摂るように心がけましょう。
◯夕食はなるべく早い時間にすませ、遅くなる場合は2回に分けて食べるようにしましょう。

 

夜食のメニューを見直しましょう。

遅い夕食は分けてとりましょう。

エネルギーの消費が落ちる夜に炭水化物を取り過ぎると脂肪になりやすいです。
また、脂肪の多い肉も避けましょう。

 

夕食が遅くなるのがわかっていれば夕方におにぎりを食べて帰宅後におかずを食べるようにしましょう。

 

晩酌のおつまみは温かいものを選びましょう。

お酒のカロリーが高いのはわかっているけどつい飲み過ぎてしまう、、、
そんなあなたはおつまみを注意しましょう。

 

まずは、脂肪分の少ない和食スタイルの居酒屋へ。
お腹が空いているときは枝豆や豆腐の植物性がオススメです。

 

そして、焼き鳥などのタンパク質はアルコールから胃を保護する働きがあります。
お酒には冷たいものが多く、体の内側も外側も冷えがちです。

 

そこで温かい料理を積極的に取り入れるのが理想です。
焼き魚、焼き鳥、肉じゃがなどで体の内側を温めて脂肪の燃焼を促進させましょう。

 

スポンサードリンク