MENU

スポンサードリンク

洋服の収納方法と保管のちょっとしたアイデアでしわとりとは無縁に!!

いくら洗濯やクリーニングがキレイに仕上がってもいても、、、

 

収納がいい加減では意味がありません!!

 

少しでも長持ちさせるためには手間をおしまないように心がけることが大事です。

 

今回は、、、

 

◯スーツの保管とシャツ・ニットのたたみ方
◯冬服などを長期期間保存する方法

 

について紹介をします。

 

毎日着るスーツはハンガーのかけ方を気をつけるだけで次の、気分良く着ることができます。

 

ニットなどはお店に並ぶようなたたみ方を意識して見た目にも美しく収納しましょう。

 

スーツの保管とシャツ・ニットのたたみ方

スーツの保管

ジャケットの保管
◯脱いだらすぐにブラッシング
ポケットの中身をすべて取り出し捨てましょう。
大切なモノがポケットに入っていたり人に
見られたら恥ずかしい名刺などがないか確認しましょうねw

 

次はブラッシングをします。ブラッシングは上まら下にかけます。
ほこりや汚れを落とすことで、生地の毛並みも整います・

 

パンツの保管
◯逆に吊るして収納
すそ口の両端をつまんで吊るします。ハンガーは狭めるタイプのタイプのものを使用しましょう。
ブラッシングもジャケットと同じように上から下にかけましょう。

 

◯ジャケットと一緒にかけるのは辞めましょう。
しわや型崩れの原因になるので、ジャケットと一緒のハンガーかけるのは辞めましょう。
面倒ですが別々に収納するのがコツです。

 

シャツ・ニットのたたみ方。

シャツのたたみ方
1.そでと身ごろを折り込み、さらにそでを下に向け折り込みます
2.そで口がすそから出さないように注意して細長い身ごろを作ります。
3.すそとそでが肩部分に沿うようそっと折りたたみます。
4.表に返してできあがっりです。左右均等にたためているかチェックしましょう。

 

ニットのたたみ方
1.右そでを左そでと平行になるように折ります。重なるのはNGですよ。
2.両サイドを中心に向かって折り込みます。
3.すそを持ってゆっくりと肩部分まで持ち上げ合わせます。
4.表に返してできあがりです。余計な厚みがないかチェックしましょう。

 

冬服などを長期期間保存する方法

コートの保存方法

厚手のコートは肩のサイズに合ったハンガーを選ぶことが大事です。
針金ハンガーは肩は崩れの原因になるので避けましょう。

 

また感覚をあけて保存し、ときどき風を通し湿気がこもらないようにしましょう。

 

レザージャケット

レザーは蛍光灯でも脱色しやすいので、暗い場所で収納するこが基本です。
また湿気によりるカビにも注意をしましょう。

 

クローゼットの中で通気のよい中央に入れ黒い布をかけるのがいいですよ。

スポンサードリンク