MENU

スポンサードリンク

シャツスタイル上手で自分らしい着こなしを見つけましょう

ひと口にシャツといっても、その種類はたくさんあります。
えりの形や色、柄などバリエーションはTシャツよりも幅が広いです。

 

まずは基本の白シャツも着こなしチェック!!

 

今回は、、、

 

◯基本の白シャツを着こなし
◯ストライプ柄シャツ
◯チェック柄シャツ

 

について紹介をします。

 

さらに、、、

 

定番の柄もの着こなし例をアドバイスします。

 

ベーシックなスタイルをかっこよく着こなして爽やかさをアピールしましょう。

 

シャツはサイズが一番大事です。

 

究極のフィッティングを求める方は、
思い切ってオーダーメードでシャツを作る方法もあオススメですよ。

 

基本の白シャツを着こなし

誰もが持っている白シャツだからこそ、ディテールのテクニックを効かせて差をつけましょう。

 

一番大事なのはサイズです。

大き過ぎは絶対にNGです。縫製のきれいなものをこだわって選びましょう。

 

胸のボタンは2個までがルールです。

あまり開けすぎてもまわりに不快感を与えます。開けるなら上から2つまでがルールです。

 

そで口でルーズさを演出

そで口のボタンを開けて、ちょっと力の抜けた感じを出すとルーズでおしゃれです。

 

シャツのすそは出す?出せない?

ジャケットと合わせるときはきちんとすそをしまいましょう。
股下が浅いパンツと合わせるときも、すそをしまえばきれいなシルエットになります。

 

ストライプ柄シャツ

スマートな印象のストライプ。着ている人を細身に見せる縦横効果も見逃せません。

基本の色はブルー

爽やかなストライプ柄はブルー系のカラーでさらに清潔感を際立てます。

 

縦じまの幅に注意しましょう。

しまの幅が太いほどカジュアルに細いほどドレッシーな印象になります。
ち>えりを変えて楽しむ
きちんとした印象のストライプは、えりをボタンダウンにすると軽快な雰囲気になります。

 

チェック柄シャツ

元気な印象のチェック柄はアウトドアシーンなどにぴったりです。
>>合わせるアイテム
インパクトのある柄なので、インナーやパンツはシンプルなものを選びましょう。

 

重ね着をする場合

柄でポイントになっている色と、服装のどこか一部の色系を合わせるとGOODです。
ち>上着感覚でアレンジ
ジャケットのように上からはおるのもおしゃれです。
薄手のブルゾン感覚で。

 

上級テクニックの柄シャツを着るなら

男性にも人気のフラワープリントシャツ

人とは違った個性的なおしゃれを演出できるアイテムとして、最近は男性の中でも人気を集めているフラワープリントシャツ。選び方のコツを紹介します。

 

花がらの大きさで選ぶ

花の柄が小さいものならスッキリしてどんな服とも合わせやすいです。
インパクト勝負の大きな花柄は、派手すぎると下品な印象にもなるので注意をしましょう。

 

青や黒など落ち着いた色を選ぶといいでしょう。白×黒のモノトーンもオススメですよ。

合わせるアイテムで選ぶ

インターは花柄の濃さに合わせてアクセントをつけるようにします。
水色の花なら、なかは濃い青を選ぶなどして全体のトーンを統一しましょう。

 

相性のいいボトムは白のコットンパンツやデニム。どちらも無地かシンプルが原則です。

スポンサードリンク