MENU

スポンサードリンク

健康的でキレイな小麦色の肌に焼いてモテ男!!日焼け対策について

毎日のちょっとした工夫で小麦色の肌を手に入れよう。

 

1日中仕事でオフィスにこもり働いている方は太陽とは無関係だと思います。
そんな方は年中、色白で真っ白なんて方も大勢いるとはずです。

 

しかし、通勤時間や外回りでも十分にこんがり肌になれます。
大切なのは、、、日に焼くときのポイントなんです!!

 

ただし、注意すべきはUVケアとアフターケアをしっかしすることです。
肌を傷つけると紫外線を予防しこんがり肌を長くキープしましょう。

自分の肌タイプを知っていますか?

日焼けをする前に自分の肌のタイプを知っておきましょう。
肌のタイプを知ることが小麦色の肌に近づく近道です。

 

肌タイプと日焼けの状態

敏感な色白肌

色白の人は紫外線に対して敏感であることが多いです。
色白タイプの方は日焼けすると黒くはならず、赤くなってしまうケースが多いです。

 

普通の肌

日に焼けると、多少赤くなりますが、4〜5日すると黒くなるタイプです。
ですが、しばらく時間が経つと通常の肌の色に戻ってしまいます。

 

色黒な肌

もともと肌が黒く、日に焼けても赤くなることは少ないです。
紫外線に対しても強く、色もどんどん黒くなるケースがあります。

 

キレイな小麦色の肌を作る方法

あなたの肌タイプのわかりましたか?
次に紹介するのは”キレイな小麦色の肌を作る方法”です。

 

敏感な色白肌、普通の肌、色黒な肌に共通したポイントなのでぜひ、参考にしてみてください。

UVケアはしっかりましょう。

紫外線は肌に有害です。UVケアは忘れずにしましょう。
日に焼けたいのなら効果のあまり強くないものを選びましょう。

 

日焼けをしたらケアをする

こんがり小麦肌になりたいのなら、日焼け後のケアが大切です。
日焼け後は肌が傷ついている状態なので濡れタオルや冷水シャワーでほてりを沈めましょう。

 

かゆみや炎症に注意しましょう。

日焼けし過ぎると肌にかゆみや炎症が起こるケースもあります。
かゆみや炎症が起きたら症状を抑えるサンケア商品を使用しましょう。

 

入浴後には水分補給

日焼け後の肌は水分が不足しています。入浴後には、サンケア商品などでたっぷりと
水分補給をしましょう。水分補給をするとこんがり肌をキープできますよ。

 

日焼け後は保湿しないと肌のトラブルの原因となります。
キレイな肌をキープしたいならターニング後には必ず保湿しましょう!!

 

 

積極的に肌を焼きたいとき

海外や海にでかけ、肌を焼くこともあるとあると思います。

 

もちろん、紫外線対策のためにUVケアをすると思いますが
よりこんがりと焼きたいのならサンオイルがオススメです。

 

サンオイルを使用すると紫外線対策をしつつ、キレイに肌を小麦色にしてくれます。

 

ただし、いっきに肌を黒く焼こうとするのは無謀です。
まずは、1日2時間くらいからはじめましょう。

 

どうししても時間がない方は、セルフタンニングローションのブロンズターナーがおすすめです。

 

ブロンズターナーで簡単に小麦色の肌をゲット!!

ブロンズターナは、塗るだけで簡単に健康的な小麦色になるセルフタンニングローションなんです!!
使い方はとても簡単で体をきれいに洗ってから塗るだけです。

 

紫外線を浴びることなく肌を小麦色にできるので肌に傷をつけなくて済みます。
持続期間は約1週間です。

 

もし、あなたが、、、

 

・日焼けをする時間がない
・日焼けを環境がなり
・肌が弱いけど健康的な小麦色になりたい
・小麦色に日焼けをしたいけど、肌を傷つけたくない

 

このような悩みを抱えているなブロンズターナの使用をオススメしますよ。

 

日焼け止めを選ぶ目安
SPF10+・・・通勤で外を歩く程度の日常生活での紫外線防止
SPF30+++・・・真夏のレジャーなどの大量の紫外線を浴びるとき

 

日焼け止めを使うときの注意点
◯効果の高いものほど肌への負担も大きいのでしかっりと洗い落とす
◯紫外線が強いときは2〜3時間ごとにぬるり直す

 

日焼け効果を示すSPF値とPA類とは

日焼け止めグッズで見かける表示でSPF50++などを見かけたことはありませんか?
これは日焼け止めの効果を示しています。
SPFはsun protection factorの略で肌が赤くなるのを防ぐ時間を表します。
+(PA)はprotection grade of uvaの略で肌の黒化反応を何倍防御できるかを示します。
たとえば、SPF43+なら肌が赤くなるまで20〜25分を43倍防ぐ=約14〜18時間肌が赤くなるのを防ぎ、肌が黒くなるのも防ぐと表し方です。


 

ムダ毛は適度な処理が必要です。判断基準には個人差あり!?

日焼けをするときはムダ毛(ワキ毛、すね毛、胸毛など)の処理をしたほうがキレイに肌が焼くことができます。

 

ムダ毛を処理すると清潔感もアップするので一石二鳥なんです。

 

しかも、男性のイメージするムダ毛と女性のイメージする
ムダ毛に対しての意識に差があるようです。

 

女性にムダ毛を指摘されて「え!?なんで!?」っと思った男性も中にはいると思います。
ムダ毛はどう思うかは個人差があるので気にし過ぎる必要もありません。

 

ムダ毛の基準は個人差があるので不潔に見えないようにしましょう。

 

◯ムダ毛が気になる場所
◯ムダ毛処理法の秘訣は「隠す」か「目立たなくするか」

 

この2ついて紹介をします。

ムダ毛の気になる場所について

体毛は個人差があり生える方もいれば全く生えない方や特定の場所しか生えない方など
個人差があります。

 

ムダ毛の気になる場所と印象について紹介をします。

ワキ

あまり多いと不潔な印象があります。だからといって男性が剃るのも印象が悪いです。

 

もも・すね

ムダ毛の密集具合で不快感を感じる人もいます。
ですが、逆にツルツルもNGって方もいます。

 

足の指

足の指部分の毛が指と同じで黒かったり長いと不快を感じる人もいます。

 

胸の毛

毛の部分まできっちり毛は生えていたり密集してると不快な人もいます。

 

胸毛

あまり濃いと抵抗感があります。

 

指の毛

関節部分に生えている毛です。
もじゃもじゃだと不快感を感じる人もいます。

 

ムダ毛は人により与える印象が変わります。

ムダ毛が絶対にも不快感を与えるとも限りませんよ。

 

ムダ毛処理法の秘訣は「隠す」か「目立たなくするか」の2つです。

ムダ毛の処理をイメージすると剃ったり脱毛する方法しか知りませんか?
実は、ムダ毛は他にも「隠す」か「目立たなくするか」この方法があります。

 

ムダ毛処理で悩んいる方はぜひご参考にしてください。

 

服の着こなしでムダ毛を隠す

ムダ毛を着こなし服を着ることで他人に不快感を与えないようにできます。

 

ムダ毛を隠す着こなしの3つのポイント
●首元は上までボタンをしめるようにする
●腕の露出をしない
●足の出るズボンをはかない

 

日焼けで肌を焼く

色白だとムダ毛は目立ちます。なぜなら、肌が白だと毛の黒が目立つからです。
なので、肌の色が白すぎるなら日焼けして肌を焼くとムダ毛が目立ちにくくなります。
ただし、日焼けし過ぎで色黒すぎると逆に不快感を与える可能性もあのでご注意を。

 

ムダ毛を染める

黒々としたムダ毛が目立つなら肌の近い色に染めるとムダ毛が目立ちにくくなります。
ムダ毛専用の脱色剤を使いましょう。ただし、肌の弱い方が付属パッチテストを必ずして肌にトラブルがないかを確認しましょう。

 

短くカットする

ムダ毛も剃ってツルツルにするのもやりすぎで肌にも大きな負担やダメージもあります。
短くカットするとムダ毛が目立ちにくくなり、肌にも負担が少なくて済みます。

 

ムダ毛のカットはバリカンで十分にできますよ。

 

女子が気になる男性の胸毛はどこ?

女性が男性のムダ毛で一番気になるところは「胸毛」です。
日本人の男性に胸毛が生えている方が少なく抵抗感があるようです。

スポンサードリンク