MENU

スポンサードリンク

香水をつける体の場所と上手な使い方

人間は香りで記憶に残りふとしたときに思い出すことがあります。
香りは人間の記憶に残りやすいんです。

 

ふんわりといい香りの漂う男性に女性は好印象を持ちます。
今までに香水をつけたことがなかった人はぜひチャレンジしてみてください。

 

今回は、、、

 

◯香水をつける正しい場所
◯上手な香水の使い方

 

について紹介をします。

 

香水を愛用している人は、コレを機会につけすぎたりしていないかなどの
マナーを確認し、使い分けを上手な男性を目指しましょう。

香水をつける正しい場所はコチラ

香水を適当にふりかけていませんか?
香水にもつける正しい場所があります。

 

香水をつける正しい場所
◯手首の内側
◯ひじの内側
◯肩〜首
◯ウエスト両サイド
◯太もも内側
◯ひざの内側
◯アキレス腱の内側

 

香水のつけかたのルール

基本は下半身に2〜3ヶ所です。体の中心につけないのが暗黙のルールです。

 

上手な香水の使い方

香水の上手な使い方は、、、香りを楽しむことです。
相手の好みの香りを選ぶ前にまずは香水をつける本人が楽しむことが賢い使い方です。

 

香水の楽しみ方を3つのポイントにまとめましたので参考にしてみてください。

代表的なフレグランスの香りと特徴を知ろう

セクシーでグラマラスな男性を目指すなら”オリエンタル”がオススメです。
ムスク・アンバーなどの動物性香料が香る東洋的な香りです。甘みも強いものやスパイシーが効いたものもあります。

 

メンズフラグランスのシンボル”フゼア”がオススメです。
ラベンダー、オークモスなどの干し草の香りです。エネルギッシュで男性的なイメージの香りです。

 

さっぱりとした印象なら”マリーンノート”がオススメです。
水や海をイメージさせる香りです。さわやかで透明感あふれる、ナチュラルでさりげない印象です。

 

 

女子が好きな男子の香水は?
日本の男性は香水をあまりつけるひとは少ないですが、それでもさり気なく残る香りニオイに女性は敏感です。
とあるアンケートでは、圧倒的にさわやかなマリンノート系の香水をつけて欲しい女性が多かったそうです。
ただし、体臭ケアを完璧にして香水もつけすぎたり主張が強い香りは嫌われる原因になりますよ。


香水は直感で選び、控えめにつけましょう。

ワンプッシュで香りを確認

テスターをムエットに吹付け気に入ったら肌につけてみましょう。
香りと体臭がミックスされると香水本来の香りが変わるので注意しましょう。

 

温かいところは香り立ちもよい

男性用の香水なら1ヶ所につき、1〜2プッシュ程度で十分です。
太い血管が通っているところは香り立ちがいいので意識して香水をつけましょう。

 

違いを知って使い分けましょう。

分類

濃度

持続時間

パルファン

15〜20%

5〜7時間

オード・パルファン

10〜15%

〜5時間

オード・トワレ

5〜10%

〜3時間

オーデ・コロン

3〜5%

〜2時間

あえて無香料を選ぶ

フラグランスをつけるときはエチケットとして無香料の整髪料などを選ぶようにしましょう。
また、汗のニオイにも神経を使い注意を払いましょう。制汗スプレーも無香料を使用しましょう。

スポンサードリンク