MENU

スポンサードリンク

小物で作るかっこいいスーツの着こなしポイント

仕事や会社にも慣れて、経験も増えてきたら、
少し自分に自信や余裕がもてるようになっているはずです。

 

なのにスーツはいつまでも新人のまま、、
ではいただけません。

 

今回は、、、

 

◯スーツに小物を足すポイント
◯小物でビジネスシーンをサポート!!

 

について紹介をします。

 

カフスやネクタイピンなどの定番スーツアクセサリーで
ビジネススタイルにも大人のゆとりを演出させましょう。

 

さらに、上級テクニックとしてポケットチーフの作り方も紹介します。

 

スーツに小物を足すポイント

つけたい3アイテム

ネクタイピン

ブラブラするネクタイを留めてキリッとしたVゾーンを作りましょう。

カフス

そで口はワンポイントあると、グンと引き締まった印象になります。

こだわりベルト

スーツベルトは黒か茶がベストです。存在感のあるのも選びましょう。

 

小物でビジネスシーンをサポート!!

ひねりの効いたスーツスタイルを作るのに欠かせないのがアクセサリーです。

 

会議や取引先とのミーティングなど、少しあらたまった場でつけていき、
見た目から相手の信用を手に入れましょう。

 

こだわりのベルトで存在感を演出

蛇皮などインパクトのあるもので上品さをアピールしましょう。
価格が心配っと思う方は型押しタイプを選べばリーズナブルに収まります。

 

ネクタイピンでキリッとした印象を作る

ネクタイがブラブラして、縦のラインが乱れてまってはだらしない印象です。
ピンはシルバー素材のシンプルなベーシックなタイプを選びましょう。

 

カフスでそで口をシックに彩る

人の視線が集まる手元はスーツスタイルの重要なポイントです。
大事なのは商談のときにカフスのきちんと感を利用してデキる男をアピールしましょう。

 

ポケットチーフでアクセントを作る

胸元にスマートさと華やかさをプラスするチーフ使い、急なセレモーレに出席するときも、
さっとたたんで胸に挿せば、それだけでフォーマルな印象になれますよ。

 

TVフォールド

胸ポケットから1〜2センチ平行にのぞかせる、ベーシックなたたみ方です。

◯広げた状態から縦、横に折りたたみ4分の1のサイズにします。
◯胸ポケットの幅に合わせて左右均等に3分の1ずつたたみ込む
◯胸ポケットの深さに合わせて、底辺を1回折りたたむ

 

 

スポンサードリンク