MENU

スポンサードリンク

ジャケット・スーツ基本の一着の選び方。毎日着るのはしっかりチェック!!

スーツは社会人の必需品です。
どれも同じだからといって、価格やブランド名で決めていませんか?

 

今回は、、、

 

◯シャケットの選び方
◯試着のチェックポイン

 

について紹介をします。

 

同僚や上司、取引先の人やお客様など、
人の目にさらされやすいスーツは着ている人を評価する格好のアイテムです。

 

じっくりと時間をかけて、自分にあったものを選びましょう。
どうしても合わない場合はお直しをしてもらう方法もありますよ。

 

スーツは、ブランド品をそろえるより体にピッタリあっていることが大切なんです。

 

シャケットの選び方

自分に合ったスーツを選ぶときは、ディテールにまでこだわったチェックをしましょう。
毎日着ることを考えて、最低2着は用意しておきましょう。

 

ラベル

下えり部分のことです。ここが胸のラインにフィットしているとちょうどいいサイズです。

 

着丈

ヒップがちょうど隠れるくらいの丈が目安です。
長すぎるとだらしなく見えます。

 

そで丈

手首の部分に合わせる。シャツが1〜1.5センチほど見える長さがベストです。

 

スーツには男をあげるパワーがある!?

スーツには男をあげるパワーがあります。見た目に留まらずその人自信のイメージアップにもつながります。外見も内面もできる男を目指せ!!

 

試着のチェックポイント

アームホールを確認しましょう。

片腕をあげ、もう片方の手をわきの下に入れたときに多少きつく感じる程度がちょうどいいです。肩が楽に動くようではジャケットが大きすぎます。

 

2枚の鏡で後ろ姿もチェック

鏡越しに見て、えりがしっかりと首に乗っているか、首に沿ってキレイなカーブしているかチェックしましょう。また、脇の下にシワがないことも確認をしましょう。

 

その他の注意点

◯肩パットが肩からはみ出していないか
◯ボタンを留めた状態でラベルが浮き上がっていないか
◯ウエストは腰骨の上でうまくフィットしているか
◯パンツのすそが少し靴に触れ、たるみがついているか

 

スーツの買い替えどきのポイント

◯着るとブカブカでサイズが体に合っていない
◯クオリティーが低すぎる、安さにつられて買った。
◯愛用しすぎて、しわや汚れが目立っている

スーツのサイズ表示

サイズ表

Y

A

AB

身長/ウエスト(センチ)

165/74

165/78

165/84

 

170/76

170/80

170/86

 

175/78

175/82

175/88

 

180/80

180/84

180/90

 

スーツのサイズは選びはジャストサイズが基本です。
上に紹介しているサイズ表で選ぶときに参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク