MENU

スポンサードリンク

カジュアルに合わせるオシャレなジャケットの着こなしポイント

ジャアルウェアの定番として、まず持っておきたいのが、、、

 

ジャケットです!!

 

ジャケットの種類では合わせるアイテムを変えれば
カジュアルからフォーマルまで幅の広いスタイルに対応が出来ます。

 

今回は、、、

 

◯失敗しないシャツスタイルの選び方
◯Tシャツの合わせ方
◯パーカーの合わせ方

 

について紹介をします。

 

上に1枚、羽織るだけでスマートな印象を作れるので、、、
「ファッションセンスに自信がない」っという方にもオススメです。

 

ここでは、インナーとの着こなし例としてコーディネートのポイントもアドバイスしますよ。

 

失敗しないシャツスタイルの選び方

シャツ×ジャケットは誰にでも似合い、どこでも行けるコーディネートです。
スッキリと着て清潔感を出しましょう。

 

シャツのえりは高めのものがGOOD!

えりが高めでややかっちりしたシルエットのものならよれる心配がありません。

 

ジャストサイズのシャツを着ましょう

キレイ目の着こなしにはジャストサイズが必項です。体にフィットするシャツを着ましょう。

 

どんなボトムとも相性がバッチリ

ジャケットは以外にボトムを選びません。ただしこれもサイズには注意しましょう。

シャツは立体裁断をチョイス

体に合わせて立体的に裁断したシャツのことです。
そでが部分がもたつかないです。

 

Tシャツを合わせる

少しラフなTシャツをあせることで、ぐっとカジュアルな印象になります。

 

まとまり感を大切に

季節やシーンを問わずに使える着こなしです。
キレイ目のコーディネートを心がけましょう。

 

合わせるボトム

Tシャツのラフな印象に合わせ、ボトムはカーゴパンツやデニムをチョイスしましょう。

インナーを重ね着をする

Tシャツ1枚だけでもサマにならないというヤセ体型の人はもう一枚重ね着をするとちょうどいいですよ。

 

パーカーを合わせる

ジャケットをおしゃれに着崩すならパーカーをあわせましょう。
ただし、バランスには注意しましょうね。

 

パーカーの素材

キレイ目に合わせ場合はパーカーの素材にも注意しましょう。
ニット系などがGOOD!!

 

バランスに注意

ジャケットより大きくては野暮ったく見えます。
なのですべてのバランスに注意をしましょう。

えりは小さめのものを選びましょう

合わせるジャケットはえりの小さいものを選ぶほうがスッキリとした印象になります。

 

定番ジャケットに1着加えるならコレがオススメです。

ラフなデニムジャケット

気軽にはおれるデニムジャケットは過度な体にフィットするものが便利です。
色は濃い目の方が着回しに効きますよ。

 

上品なレザージャケット

存在感のあるレザーは合わせるアイテムをシンプルにする、などバランスを考えましょう。

スポンサードリンク