MENU

スポンサードリンク

男性にもできるメンズのカジュアルウェアの洗い方とアイロンがけ

一人暮らしの男性にとっては季節のわかり目に出す
クリーニングや毎日着るYシャツのアイロンがけなど、衣服のケアは面倒なものです。

 

しかし、基本的なやり方さえマスターしてしまえば、
わざわざお金をかけなくても簡単に自分でケアすることが可能です。

 

今回は、、、

 

◯ニットの基本的な洗い方
◯シャツのアイロンのかけ方
◯クリーニングに出した方いい衣服

 

について紹介をします。

 

季節モノや素材による違いに気を配り手をかけてメンテナンスすることで
大事な衣服にさらに愛着がわいてきますよ。

 

ニットの基本的な洗い方

 

1・前身ごろを山にしてたたむ。そこで見ごろを包むようにそれを半分にたたむ

 

2・ぬるま湯に適量の洗剤を溶かし押し洗いをする。その後、短時間脱水をして2回すすぎましょう

 

3・柔軟剤をよかしてぬるま湯のなかで軽く押して約3分間放置してから脱水しましょう。

 

4・平らな台の上で形を整えて陰干しします。換気扇をつけて風呂釜の上で干すのもいいですよ。

 

JIS洗濯表示の種類

 

手洗いマーク・・・30度を限界とした弱い手洗い

 

ドライマーク・・・ドライクリーニングができるマークです。

 

ドライ石油マーク・・・石油系の溶剤でドライができ可能です。

 

ドライバツマーク・・・ドライクリーニングができません。

 

シャツのアイロンのかけ方

シャツのアイロンは面倒くさいとか難しいとかイメージを持っていませんか?
ポイントさえマスターしまえば簡単にアイロンがけはできます。

 

クリーニングに出さなくても自分でシャツのアイロンがけをできるようにしておくと
「急な用事でキレイなシャツが必要!!」なんてときに役に立ちますので。

 

ぜひ、シャツのアイロンがけをマスターしましょうね!!

 

シャツの命であるえりからアイロンがけ

えりを裏側からプレスします。生地を左右にひっぱりながら中心から外にアイロンをかけます。

 

複雑なそで部分を縫い目に合わせる

カフスのボタンをとめ、脇下の縫い目にそってそで線をそろえてプレスする

 

シャキッと見せる背中も手を抜けません

背面はえりをひっぱりながら、すそからえりに向かってプレスします。

 

目につく前身ごろはスッキリ見せましょう。

生地を反対にひっぱり表面をすそからえりに向かってプレスします。

 

立体的な肩部分もきっちり決めましょう。

アイロン台の角を利用して前肩ぶぶんとそでのつけね部分をプレスします。

 

最後の仕上げも忘れずにしましょう。

第一ボタンをとめて、左右の前肩部分をプレスすればできあがります。

 

クリーニングに出した方いい衣服

レザーやベロアやツイードなどの素材、ウールコート・ファーつきウェアなどは
自分で洗濯すると痛みやすいので自分で洗濯はしないでクリーニングに出すようにしましょう。

 

クリーニングも種類があります。

ドライクリーニング

ドライクリーニングとは水を使用せず石油系などの化学薬品で洗濯する方法です。
色落ちや型崩れなどが起きにくいです。

 

水洗いクリーニング

自然活性水を加えた水と気泡で洗う方法のことです。従来、落ちなかった汗や脂質も落ちやすいです。

スポンサードリンク