MENU

スポンサードリンク

汗対策は男のエチケットです。ニオワない・べたつかないが基本です。

汗対策は男のエチケットです。ニオワない・べたつかないが基本です。

 

汗をかきはじめる温度に男女差があることを知っていますか?
男性は30度で女性は32度なんです。

 

つまり男性の方が汗をかきやすいのです!!

 

汗を放置しておくと肌に生息している雑菌と反応し、、、
ベタベタ状態になり不快な臭いの原因になります。

 

汗をかくことは自然ですがケアを怠ると周囲の人は迷惑です。
汗でシャツが張り付いた後ろ姿は、どんなにかっこよくてもがっかりです。

 

今回は、汗や臭い対策する場所汗の付き合い方と予防について紹介します。

 

汗をかいたらケアをするこれがさわやかな男性の基本マナーですよ

 

対策をする場所はココだ!!

体から汗がでたりニオイが発生るところは決まっています。
とくに気をつけたい体の場所をまとめました。

 

夏はもちろん冬も意外に汗とニオイは発生しているので年間と通して気をつけましょう。

 

頭皮の皮脂や髪の毛は臭いが移りやすいです。
毎日シャンプーをしてサラサラ状態をキープしましょう。

 

首元

襟は白く、常に首にぴったりと沿った状態で。

 

シャツ

パリっとノリが効いて白く乾いたシャツを。

 

ワキ

汗で黄ばんだでいらり汗のシミができているものはNGです。

 

水虫などもちろんなく、ニオワない靴下&通気性がよい靴が基本です

汗と上手に付き合うには予防が大切です。

汗と人間は切っても切れない関係です。
そもそも汗は、人間から発生す熱を上げないために汗を出し冷やそうとする防衛本能だからです。

 

健康的な体であれば必ず汗をかきますので汗を上手に付き合うには、予防が大切なんです。
汗と上手に付き合う2つのポイントを紹介します。

 

汗対策用のグッズを携帯しましょう

体は清潔に気を使いましょう。

体は清潔な状態を常に保つように心がけましょう。
そして、汗をかいてもニオワないように常に制汗スプレーをし通気性のよいシャツなどをきましょう。

 

汗をふきとるものを持つニオイをふきとるシートも便利ですよ。

汗はずぐにかくものです。大切なのは「汗をかいたらふく」ことです。
ハンカチや除菌シートなどで拭きとれるように携帯をしましょう。

 

携帯グッズ制汗スプレー、ハンカチもしくは除菌シート

 

 

デオライト剤と制汗スプレーの違いについて

デオライト剤と制汗スプレーの効果が違うことは知っていますか?

 

制汗スプレー・・・汗腺には働きかけて汗を出にくくする効果です。
デオライト剤・・・ニオイを作り出す雑菌を抑えたり阻止する効果です。

 

全然、効果が違うのできちんと目的にあったものを選び使用しましょう。


 

汗をかいたら「ふいて、体温を冷やす」で乗り切りましょう。

汗はこすらずに「やさしくふきとる」が大切です。

汗はゴシゴシとこすっていませんか?汗を強くこすってしまうと
肌が傷つき荒れてしまう原因になります。

 

肌が荒れればニオイを発生することもあります。

 

汗をふき取るときは優しく軽く押して肌を傷つけないようにしましょう。

 

体は冷やせば汗はひきます。

汗は体が暑くなったときに発生します。
汗を大量にかいた場合は涼しいところで休憩をとれば汗はひきます。
もしくは、水で濡れたタオルで体をふくだけでも体温が下がり効果ありますよ。

 

 

胸の上部に汗を抑えるツボがあります。

もし、汗が緊急で大量にかいた場合は胸の上部を刺激すると一時的に汗を抑えることが出来ますよ。


 

 

 

スポンサードリンク