MENU

スポンサードリンク

頭皮のフケはシャンプー法を改善し見直しましょう。

髪の毛をガシガシ頭をこすっているだけのシャンプーをしている人!!
それは頭を洗っているとはいえませんよ!!

髪の毛をセットをしっかりしていてもフケがついていたのでは問題外です!!
フケは本人以上に周りの人が気になりマイナスイメージです。

髪は、清潔の整っていることが大切なので毎日のケアできちんとなおしましょう。

毎日、髪を洗っているのにフケが気になる方は、、、
シャンプーの方法が間違っています。

今回は、フケ対策と正しいシャンプー法を紹介します。

シャンプーは頭皮を洗浄することが目的です。
きちんとシャンプーの洗い方を見なおして清潔な髪と頭を目指しましょう!!

フケはシャンプーで防ぎましょう!!

男性の頭は「べっとり+フケ」予備軍!?

男性のたまはアブラでべっとり頭やフケの原因である「男性ホルモン」による
皮脂の過剰に分泌しています。

これを防ぐには正しいシャンプー(洗髪)、整髪剤の選び方、食生活の見直しが必要です。

フケの原因はシャンプーにあり!?

フケは頭の皮脂の角質が剥がれ落ちたものです。
これは、頭がきちんとシャンプーされていないために起こる現象です。

 

フケは女性の好感度を下がる原因です。

約9割の女性は男性のスーツや上着についているフケが気になったことがあります。
フケがついている男性は女性から見ると、、、
「どんなにカッコよくても・・・勘弁・・・」って声もあります。


正しいシャンプーとは頭皮の汚れをとることです。

シャンプーの目的は頭皮の汚れをとることです。
ただやみくもに頭を洗えばいいのではあります。

 

正しいシャンプーを6つの手順にまとめました。
正しいシャンプーができていない方や心当たりのある方は参考にしてくださいね!!

 

1〜ブラッシングでゴミをとります。

ブラッシングをすることにより、フケやゴミが
浮き上がりきちんと汚れを洗い落とせるようになります。

 

2〜髪表面の汚れを洗い流す。

40度程度のお湯で髪の毛を全体を根本からぬらし汚れを洗い落とします。

 

3〜シャンプーを手に取り泡立てる

少量のシャンプーを手に取りお湯を軽く加え泡立てます。

 

4〜指の腹で頭皮を軽くつかみ洗う

シャンプーを頭全体になじませ、頭皮をつかむように洗いましょう。
ツメを立てて洗うのはNGです!!

 

5〜シャンプーが残らないように洗い流しましょう。

シャンプーが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。
汚れが気になるときは2回、3回と回数を増やしましょう!!

 

6〜リンスは20秒ほど馴染ませましょう。

髪の毛の水分を軽く拭き取りリンスを髪全体に馴染ませます。
20秒ほど馴染ませたらしっかりと洗い流しましょう。

 

 

毎日のシャンプーで薄毛は予防になるか?

毎日のシャンプーをすると抜ける髪も増えるため、
髪が減るっと思う方もいると思いますが、これは大きな間違いです。

 

シャンプーをしないと頭皮に汚れがあたまり、
新しい髪の毛が生えづらくなります。

 

また、リンスには髪を保護する効果があるので抜け毛防止にも役立ちます。


 

正しいシャンプーでもよくならないフケの対策方法

正しいシャンプー法でもフケが気になる方は、、、

 

頭皮にあったシャンプーを選んでいない可能性があります。

 

正しいシャンプーをしているのにフケが減らない・・・と思っている方は
シャンプーの種類を見なおしたほうがいいですよ。

 

パサパサタイプのフケは低刺激シャンプーを選びましょう。

フケがパサパサタイプの方は、添加物の少ないアミノ酸系のシャンプーで頭皮をいたわりましょう。
刺激が少ないので毎日の洗髪はOKです。

 

べっとりタイプのフケは殺菌効果の高いシャンプーを選びましょう。

べっとりタイプは頭皮の雑菌繁殖を抑えましょう。
殺菌効果の高いシャンプーには「ジンクピリチオン」「オクトピロックス」が配合されていますよ。

 

 

パサパサタイプもべっとりタイプもシャンプーを変えても
改善されないときは皮膚科のお医者さんに診てもらいましょう。


スポンサードリンク